実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日とおりもの

排卵日とおりものの関係について、気にされている方々も少なくありません。
それはご自身の目で、おりものの状況をみてある程度の判断が出来ることから
手軽であると思われているのかもしれませんね。

排卵日は確かに、おりものと呼ばれる子宮頚管粘液の状態をチェックすることから推し量ることも出来るとされています。

しかしながら結論から言えば、やや不正確で、あくまで補助的診断法と
いわざるを得ません。

根拠は十分ありますが、他の要素もあり、やや不正確な側面もあるという
ことです。

排卵が近づくと通常、卵胞ホルモンが増加し、子宮頚管からの分泌物が
増えます。

病院で子宮頚管粘液をとり、量とおりものの状態から判断します。
自分でも透明な粘っこいおりものが増えるのが分かると思います。

その状況であれば排卵が近い証拠ですが、出始めてから3日目くらいが
一番排卵する率が高いとされていますので、その時期に他の方法とあわせて
判断すればより確実性があがるでしょう。

基礎体温を測ることも有効な手段ですが、いずれ複数の方法を組み合わせて
排卵日を計算する、排卵日を知ることが有効です。

排卵痛と検査薬

排卵日を知る為には排卵日の計算など、いくつかの方法があり
また二つ以上の方法を組み合わせることによって、排卵日の特定に
より確実性をあげていく方法があります。

排卵痛の傷みを感じる女性もいます。
毎月、排卵痛の痛みに耐える女性にはお気の毒ですが、ここからも
排卵日を知る手がかりを得ることは出来ます。

それは卵子が排卵されるときに、卵胞が破けて卵巣の表面が破ける事に
によって、感じる痛みです。
この痛みを排卵痛と呼んでいます。

排卵痛の痛みには個人差我あり、気づかない場合もあります。
この排卵時に伴う痛みから排卵日を特定できるかも知れません。

また、排卵日検査薬で排卵日を知る方法もあります。 
尿に含まれるLHホルモンという、排卵を促進するために分泌されるもの
の濃度を測ることによって排卵日を知る方法です。

生理周期の中間あたりでは、LHホルモン分泌の濃度が、より高くなって
LHホルモンが大量に分泌されます。

排卵日は、LHホルモンがもっともに分泌されて、またその濃度が
もっとも高くなったときから、約1日以内になります。

検査薬でテストすることにより、LHホルモン濃度がもっとも高くなる地点を
測り、そこから排卵日を知ろうという方法です。

しかし、検査薬だけで排卵日を知ろうとする方法は確実とはいえません。、
従って他の方法と併用することによって、排卵日をより確実に知ること
ができます。

排卵日を知る方法は

一般的に卵子は排卵後12〜24時間まで受精可能とされています。
精子は女性の体内で射精後3日ほど生存できます。

精子は卵子がまだ卵管にあるときに卵子と受精することになります。
準備が整っていてうまくいくと、1つの精子が卵子の膜を貫通して
結合することができます。

精子と卵子が結合して受精すると、妊娠が始まります。

このようにして妊娠にいたる為に排卵日を知ることが必要になるのですが
より正確な情報を得るために、単独ではなく、様々な方法を組み合わせ
るのが良いとされています。

例えば、基礎体温を測ることや排卵診断薬であれば、自分で計測する
ことが出来ます。

まずは毎朝基礎体温を測り、自分の周期を知り、ある程度排卵日の検討が
つくようであれば、より確実性を得るために排卵日検査薬を使用するという
のが一般的なようです。

人によっては他の方法があっている場合もあるでしょう。
自身でチェックできる方法として、おりものを観察する方法も有効です。

このようにいくつかの方法を組み合わせるとより確実に排卵日を知る
ことができると思います。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));