実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

妊娠と避妊カテゴリの記事一覧

妊娠しやすいとき そうでないとき

一番妊娠しやすいのは排卵の頃になる、低温期の最後の日前後です。

この低温期最後の日の頃に透明で粘っこいおりものが増えてきて、
指で10cm以上延びるような場合は、排卵が近いと思って良いと思います。

その時に、市販の排卵検査薬を併用して使うとなお正確になります。

排卵したあと卵は、およそ12〜24時間くらいの期間受精能力がありますが
一般的に精子の方は、射精後3日ほどだと言われています。



通常、受精は排卵直後に起こりますので、卵が卵管内に進入してきた時に、
精子はその場所ですでに受精の準備ができているということになります。

ですから妊娠するためには、精子は少なくとも排卵の1日前には膣内に
出されていなければならないのです。

結果的に、排卵日がある程度推測されるのでとして、その日の1日前に
性行為がなければ妊娠しがたいということです。

排卵後24時間以上経ってしまえば、ほとんど妊娠の可能性はなくなります。
排卵日を過ぎてしまえばほとんど妊娠の可能性はなくなるとも言えるわけです。

逆に生理のあと、排卵まではいつでも妊娠できる可能性があります。

基礎体温をつけている方であれば、高温期に入ってしまえばまず妊娠しない
ということですが、何事もいくつかの方法を併用して、確実性を増すことが
大事です。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));