実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日を体温から特定するには

排卵日というのは、成熟した卵子が排出される日を
さして呼んでいるのですが、この排卵日を特定するために、
基礎体温を記録したり、たくさんの女性が苦労されています。

では、排卵日はどのように特定するのでしょう。

一般に女性の基礎体温は、低温期と高温期の二通りに
分けられています。

そして体温が低温期から高温期にシフトする時に、
体温が最も下がる日があり、その日の前後が排卵日と
されています。


排卵日は通常、月経がはじまってから14日前後に
なると言われていますが、月経周期自体にも、当然
個人差がります。

そのため、その計算が全ての人に通用することは
ありません。

そういった理由から、体温が下がった日が排卵だと
簡単に捕らえることは賢明とはいえません。 


基礎体温表についての知識は、保健体育の時間に
学習した記憶がある方も多いと思いますが、昔の
常識は今と多少違っています。

近年では、排卵は体温が大きく下がった日か、
その翌日あたりに多く起きることがわかってきました。

当然、人によっては前倒しになることもありますが
そこで、基礎体温表をつけることによって、かなり
正確に排卵日を特定していけることになります。

しかしながら、人の体には個人差があり、また
微妙な環境の変化などによっても影響を受けることが
あります。

あまり神経質になりすぎず、リラックスすることも
妊娠するためには必要なことです。
「病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法」の販売ページはこちら

排卵日の計算方法を選択

一般に、排卵日の計算方法は、どんな方でも月経の時期との
関係が大きく影響する傾向があります。

まずはそのためにも、自分の月経周期をきちんと把握しておく
ことはとても重要になります。

月経のメカニズムは周期の半ばになると、卵胞ホルモンが
子宮内膜を成長させていき、そのとき排卵の準備を整えて
いきます。

準備が完了すると、黄体化ホルモンの分泌が盛んになっていきます。
黄体化ホルモンは卵巣に分泌され、元気に成長した卵胞を破裂させていき、
卵子を放出するというメカニズムが働きます。

これが排卵という過程であり、その日が“排卵日”と呼ばれます。

一般に卵子は24時間程度、精子は48時間程度の受精能力があると
言われています。

ですから、妊娠のためには排卵日の2日前から排卵日までが、
一番良い時期と言うことなります。

そのためには排卵日をなるべく正確に知らなければなりませんが、
排卵日の兆候を調べる方法は、複数、有効な方法があります。

基礎体温法を調べる方法
おりもののやわらかさ(頚管粘液法)から調べる方法
排卵痛(生理の中間痛)の症状から調べる方法
排卵出血の有無を調べる方法
唾液で調べる方法
検査薬でチェックする方法
病院(産婦人科)での超音波検査で調べる方法 

排卵日の計算方法を選ぶにあたっては、複数の方法を使ってより確実性を
あげることが重要になります。

おりものでチェックする

一般に、排卵が近づくと卵胞ホルモンが増加します。
さらに子宮頚管からの分泌物が増え性状も変わってきます。

病院で受診して子宮頚管粘液をとり、量や性状などから排卵日を
判断してもらいます。


自分でも透明な粘っこいおりものが増えるのを感じる場合もあります。
そのような場合、おりものが出始めて、3日目くらいが一番排卵する率が
高いとされています。

しかし、確かに排卵が近い証拠ではありますが、やや不正確ですので
あくまで判断の補助的要素として考えるのが妥当です。


オギノ理論とは

オギノ理論とは、荻野久作氏の排卵は次の月経の始まる16日前から
12日前に起こるという理論です。

計算方法は、最近半年くらいの月経周期を数えます。

まず、一番短い周期の日数から16日を引きます。
例えば、25日から16日を引き9日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番早い日で
月経から9日目です。

次に、一番長い周期の日数から12日を引きます。
例えば、30日から12日を引き18日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番遅い日で
月経から18日目です。

以上の計算から、月経周期が25日から30日の場合は
月経開始から9日目から18日目の10日間に排卵する可能性がある
ことになります。

そのため、月経周期に幅がある女性ほど排卵日に幅があります。

排卵日の計算

排卵日の計算のために、基礎体温を継続して測定したり
妊娠するために排卵日をなるべく正確に知りたいと多くの女性が
大変な努力を成されていると思います。

しかしながら、排卵日をこの日だと特定することは、現在でも
とても難かしいものなのです。

それでも出来るだけ排卵日をより正確に知るために、
それぞれの良い点と悪い点を知りながら、自分にあった方法を選び
いくつかの方法を併用すれば、より確かになるはずだと思われます。

基礎体温とは

毎朝継続して、婦人体温計で口の中の体温を測定します。
体温の変化は、ホルモンの関係で通常、排卵前が低くなり排卵後は
高くなります。

排卵は低温相最終日の近くになりますが、低温相最終日は高温相になって
から判りますから、何周期か体温を測定していれば、排卵日となる、
低温相最終日が判るようになります。


排卵検査薬とは

排卵検査薬はLH、黄体化ホルモンを尿で測定します。

排卵はLH、黄体化ホルモンが出て1日ないし2日で起こりますので、
排卵検査薬で陽性になってから1日ないし2日で排卵することになります。

ここでは、オギノ理論で一番短い周期から16日を引いた日から
検査を開始してください。

また、基礎体温を測定している方であれば、予想される低温相最終日より
3日前から始めるのが良いでしょう。

しかしこの検査法は排卵日を推定する補助的なものですので、
あくまで、判断の目安にしましょう。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));