実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日の計算方法を選択

一般に、排卵日の計算方法は、どんな方でも月経の時期との
関係が大きく影響する傾向があります。

まずはそのためにも、自分の月経周期をきちんと把握しておく
ことはとても重要になります。

月経のメカニズムは周期の半ばになると、卵胞ホルモンが
子宮内膜を成長させていき、そのとき排卵の準備を整えて
いきます。

準備が完了すると、黄体化ホルモンの分泌が盛んになっていきます。
黄体化ホルモンは卵巣に分泌され、元気に成長した卵胞を破裂させていき、
卵子を放出するというメカニズムが働きます。

これが排卵という過程であり、その日が“排卵日”と呼ばれます。

一般に卵子は24時間程度、精子は48時間程度の受精能力があると
言われています。

ですから、妊娠のためには排卵日の2日前から排卵日までが、
一番良い時期と言うことなります。

そのためには排卵日をなるべく正確に知らなければなりませんが、
排卵日の兆候を調べる方法は、複数、有効な方法があります。

基礎体温法を調べる方法
おりもののやわらかさ(頚管粘液法)から調べる方法
排卵痛(生理の中間痛)の症状から調べる方法
排卵出血の有無を調べる方法
唾液で調べる方法
検査薬でチェックする方法
病院(産婦人科)での超音波検査で調べる方法 

排卵日の計算方法を選ぶにあたっては、複数の方法を使ってより確実性を
あげることが重要になります。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));