実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

基礎体温と妊娠の兆候

排卵日を知るために基礎体温を測り続けている方も多いと思います。
基礎体温を毎日測り続けている中で、排卵日のあと高温期がいつもより長く
具体的には21日以上続き、しかも生理がまだきていないような場合は、
妊娠している可能性が考えられます。

例えば、妊娠している場合、通常であれば高温期が終わる頃から
またさらに体温が上昇する方々も少なくありません。

ただ基礎体温の変化は、体調にも左右されやすいのでこの限りではありません。

通常は基礎体温が一度、一番下がり、その後で高温期に移行している場合は、
一番下がった日が排卵日と考えられています。

この場合でも人によっては基礎体温が上がり始めた日に、排卵が起こっている
場合もあるのです。

こういった状況の中では、生理予定日も遅れる可能性が高くなるります。
予想されている生理開始予定日からは遅れてしまうわけです。

基礎体温自体は、生理が始まるまでは高温期が続きますので、
考えられる状況として、ただ単に生理が遅れている事も考えられます。

実際には排卵日から21日以上、もしくは生理開始予定日から1週間
過ぎてもまだ、生理が来ないような場合は、妊娠検査薬を試してみる
事も出来ます。

この検査で、不安な場合や、妊娠の兆候がなくても検査薬で陽性反応が
出るようであれば、婦人科へ行って確認をしてもらうと良いでしょう。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));