実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日のサインをチェック

一般に精子には約3日間、受精能力があるとされています。

また排卵日の3日前から、1日後の5日間が最も妊娠しやすい
時期になります。

排卵日は、基礎体温の体温がいちばん下がった日か、
またはその翌日となることが多くあります。

排卵は、実際の統計で、最低体温日翌日に最も多く、次いで当日、
翌々日の順で排卵日になります。


おりものが粘りけを帯びてくるのは、妊娠しやすい時期が近づいて
きた証拠です。

この時をチェックすることで、排卵日を予測することが可能になってきます。
粘液を指にとってそれを人さし指と親指の2本の指で伸ばしてみてチェックします

通常、この粘液は粘って伸びることはありませんが、粘液が伸びる状態に
なったら排卵がまもなく起きるか、あるいは排卵されたという状況を示す
サインだと思われます。

検査薬で妊娠しやすい時期をチェックする

排卵日が近づいてくると、脳下垂体から分泌される黄体化ホルモン(LH)
の尿中濃度を検査薬ではかる方法が有効になります。

一般には、LH濃度の一番高い時から約24時間後に排卵されると
されていますので、以前のデータから排卵日と思われるころの少し手前から
1日2回ほど、そのピークを検査薬でチェックします。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));