実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵痛と検査薬

排卵日を知る為には排卵日の計算など、いくつかの方法があり
また二つ以上の方法を組み合わせることによって、排卵日の特定に
より確実性をあげていく方法があります。

排卵痛の傷みを感じる女性もいます。
毎月、排卵痛の痛みに耐える女性にはお気の毒ですが、ここからも
排卵日を知る手がかりを得ることは出来ます。

それは卵子が排卵されるときに、卵胞が破けて卵巣の表面が破ける事に
によって、感じる痛みです。
この痛みを排卵痛と呼んでいます。

排卵痛の痛みには個人差我あり、気づかない場合もあります。
この排卵時に伴う痛みから排卵日を特定できるかも知れません。

また、排卵日検査薬で排卵日を知る方法もあります。 
尿に含まれるLHホルモンという、排卵を促進するために分泌されるもの
の濃度を測ることによって排卵日を知る方法です。

生理周期の中間あたりでは、LHホルモン分泌の濃度が、より高くなって
LHホルモンが大量に分泌されます。

排卵日は、LHホルモンがもっともに分泌されて、またその濃度が
もっとも高くなったときから、約1日以内になります。

検査薬でテストすることにより、LHホルモン濃度がもっとも高くなる地点を
測り、そこから排卵日を知ろうという方法です。

しかし、検査薬だけで排卵日を知ろうとする方法は確実とはいえません。、
従って他の方法と併用することによって、排卵日をより確実に知ること
ができます。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));