実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日を知る方法は

一般的に卵子は排卵後12〜24時間まで受精可能とされています。
精子は女性の体内で射精後3日ほど生存できます。

精子は卵子がまだ卵管にあるときに卵子と受精することになります。
準備が整っていてうまくいくと、1つの精子が卵子の膜を貫通して
結合することができます。

精子と卵子が結合して受精すると、妊娠が始まります。

このようにして妊娠にいたる為に排卵日を知ることが必要になるのですが
より正確な情報を得るために、単独ではなく、様々な方法を組み合わせ
るのが良いとされています。

例えば、基礎体温を測ることや排卵診断薬であれば、自分で計測する
ことが出来ます。

まずは毎朝基礎体温を測り、自分の周期を知り、ある程度排卵日の検討が
つくようであれば、より確実性を得るために排卵日検査薬を使用するという
のが一般的なようです。

人によっては他の方法があっている場合もあるでしょう。
自身でチェックできる方法として、おりものを観察する方法も有効です。

このようにいくつかの方法を組み合わせるとより確実に排卵日を知る
ことができると思います。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));