実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

おりものでチェックする

一般に、排卵が近づくと卵胞ホルモンが増加します。
さらに子宮頚管からの分泌物が増え性状も変わってきます。

病院で受診して子宮頚管粘液をとり、量や性状などから排卵日を
判断してもらいます。


自分でも透明な粘っこいおりものが増えるのを感じる場合もあります。
そのような場合、おりものが出始めて、3日目くらいが一番排卵する率が
高いとされています。

しかし、確かに排卵が近い証拠ではありますが、やや不正確ですので
あくまで判断の補助的要素として考えるのが妥当です。


オギノ理論とは

オギノ理論とは、荻野久作氏の排卵は次の月経の始まる16日前から
12日前に起こるという理論です。

計算方法は、最近半年くらいの月経周期を数えます。

まず、一番短い周期の日数から16日を引きます。
例えば、25日から16日を引き9日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番早い日で
月経から9日目です。

次に、一番長い周期の日数から12日を引きます。
例えば、30日から12日を引き18日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番遅い日で
月経から18日目です。

以上の計算から、月経周期が25日から30日の場合は
月経開始から9日目から18日目の10日間に排卵する可能性がある
ことになります。

そのため、月経周期に幅がある女性ほど排卵日に幅があります。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));