実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日の計算

排卵日の計算のために、基礎体温を継続して測定したり
妊娠するために排卵日をなるべく正確に知りたいと多くの女性が
大変な努力を成されていると思います。

しかしながら、排卵日をこの日だと特定することは、現在でも
とても難かしいものなのです。

それでも出来るだけ排卵日をより正確に知るために、
それぞれの良い点と悪い点を知りながら、自分にあった方法を選び
いくつかの方法を併用すれば、より確かになるはずだと思われます。

基礎体温とは

毎朝継続して、婦人体温計で口の中の体温を測定します。
体温の変化は、ホルモンの関係で通常、排卵前が低くなり排卵後は
高くなります。

排卵は低温相最終日の近くになりますが、低温相最終日は高温相になって
から判りますから、何周期か体温を測定していれば、排卵日となる、
低温相最終日が判るようになります。


排卵検査薬とは

排卵検査薬はLH、黄体化ホルモンを尿で測定します。

排卵はLH、黄体化ホルモンが出て1日ないし2日で起こりますので、
排卵検査薬で陽性になってから1日ないし2日で排卵することになります。

ここでは、オギノ理論で一番短い周期から16日を引いた日から
検査を開始してください。

また、基礎体温を測定している方であれば、予想される低温相最終日より
3日前から始めるのが良いでしょう。

しかしこの検査法は排卵日を推定する補助的なものですので、
あくまで、判断の目安にしましょう。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));