実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日を体温から特定するには

排卵日というのは、成熟した卵子が排出される日を
さして呼んでいるのですが、この排卵日を特定するために、
基礎体温を記録したり、たくさんの女性が苦労されています。

では、排卵日はどのように特定するのでしょう。

一般に女性の基礎体温は、低温期と高温期の二通りに
分けられています。

そして体温が低温期から高温期にシフトする時に、
体温が最も下がる日があり、その日の前後が排卵日と
されています。


排卵日は通常、月経がはじまってから14日前後に
なると言われていますが、月経周期自体にも、当然
個人差がります。

そのため、その計算が全ての人に通用することは
ありません。

そういった理由から、体温が下がった日が排卵だと
簡単に捕らえることは賢明とはいえません。 


基礎体温表についての知識は、保健体育の時間に
学習した記憶がある方も多いと思いますが、昔の
常識は今と多少違っています。

近年では、排卵は体温が大きく下がった日か、
その翌日あたりに多く起きることがわかってきました。

当然、人によっては前倒しになることもありますが
そこで、基礎体温表をつけることによって、かなり
正確に排卵日を特定していけることになります。

しかしながら、人の体には個人差があり、また
微妙な環境の変化などによっても影響を受けることが
あります。

あまり神経質になりすぎず、リラックスすることも
妊娠するためには必要なことです。
「病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法」の販売ページはこちら
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));