実は不妊に悩んでいた92%の女性が
1日2回あることをしただけで
妊娠した方法があります。


【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法はこちら

排卵日を体温から特定するには

排卵日というのは、成熟した卵子が排出される日を
さして呼んでいるのですが、この排卵日を特定するために、
基礎体温を記録したり、たくさんの女性が苦労されています。

では、排卵日はどのように特定するのでしょう。

一般に女性の基礎体温は、低温期と高温期の二通りに
分けられています。

そして体温が低温期から高温期にシフトする時に、
体温が最も下がる日があり、その日の前後が排卵日と
されています。


排卵日は通常、月経がはじまってから14日前後に
なると言われていますが、月経周期自体にも、当然
個人差がります。

そのため、その計算が全ての人に通用することは
ありません。

そういった理由から、体温が下がった日が排卵だと
簡単に捕らえることは賢明とはいえません。 


基礎体温表についての知識は、保健体育の時間に
学習した記憶がある方も多いと思いますが、昔の
常識は今と多少違っています。

近年では、排卵は体温が大きく下がった日か、
その翌日あたりに多く起きることがわかってきました。

当然、人によっては前倒しになることもありますが
そこで、基礎体温表をつけることによって、かなり
正確に排卵日を特定していけることになります。

しかしながら、人の体には個人差があり、また
微妙な環境の変化などによっても影響を受けることが
あります。

あまり神経質になりすぎず、リラックスすることも
妊娠するためには必要なことです。
「病院では教えてくれない 妊娠率92%の妊娠法」の販売ページはこちら

排卵日の計算方法を選択

一般に、排卵日の計算方法は、どんな方でも月経の時期との
関係が大きく影響する傾向があります。

まずはそのためにも、自分の月経周期をきちんと把握しておく
ことはとても重要になります。

月経のメカニズムは周期の半ばになると、卵胞ホルモンが
子宮内膜を成長させていき、そのとき排卵の準備を整えて
いきます。

準備が完了すると、黄体化ホルモンの分泌が盛んになっていきます。
黄体化ホルモンは卵巣に分泌され、元気に成長した卵胞を破裂させていき、
卵子を放出するというメカニズムが働きます。

これが排卵という過程であり、その日が“排卵日”と呼ばれます。

一般に卵子は24時間程度、精子は48時間程度の受精能力があると
言われています。

ですから、妊娠のためには排卵日の2日前から排卵日までが、
一番良い時期と言うことなります。

そのためには排卵日をなるべく正確に知らなければなりませんが、
排卵日の兆候を調べる方法は、複数、有効な方法があります。

基礎体温法を調べる方法
おりもののやわらかさ(頚管粘液法)から調べる方法
排卵痛(生理の中間痛)の症状から調べる方法
排卵出血の有無を調べる方法
唾液で調べる方法
検査薬でチェックする方法
病院(産婦人科)での超音波検査で調べる方法 

排卵日の計算方法を選ぶにあたっては、複数の方法を使ってより確実性を
あげることが重要になります。

受精の準備

排卵日の計算に関しては、大抵の方が「おおよそなら分かる」と
いわれることが多いと聞きます。

排卵日の計算は複雑であり、また機械相手ではない以上様々な要因に
依って影響されるために、自分の力で分かるようになるには情報の収集
など、みなさん大変な努力をして学習されていますね。

排卵日に対してある程度、確信がある場合には特に気をつけなければ
ならないことについて、おさらいしてみるのも良いかも知れませんね。

例として挙げると、排卵後精子とうまく受精する場合のほとんどは、
排卵直後の場合が非常に多いのです。

一般的に精子には約3日間、受精能力があるとされていますから
排卵日の3日前から、1日後の5日間が最も妊娠しやすい時期になります。

精子の受精能力もまちまちですので、排卵日の24時間前に精子の準備が
出来ていれば、受精の確立はかなり高まると言えます。

排卵日を計算するために基礎体温を測り、生理周期などにも注意を払い
ながらある程度の予測が出来たら検査薬を併用する。
または病院で調べてもらうことができれば、ある程度、排卵日は予測できる
ものと言えるでしょう。
| 受精

基礎体温と妊娠の兆候

排卵日を知るために基礎体温を測り続けている方も多いと思います。
基礎体温を毎日測り続けている中で、排卵日のあと高温期がいつもより長く
具体的には21日以上続き、しかも生理がまだきていないような場合は、
妊娠している可能性が考えられます。

例えば、妊娠している場合、通常であれば高温期が終わる頃から
またさらに体温が上昇する方々も少なくありません。

ただ基礎体温の変化は、体調にも左右されやすいのでこの限りではありません。

通常は基礎体温が一度、一番下がり、その後で高温期に移行している場合は、
一番下がった日が排卵日と考えられています。

この場合でも人によっては基礎体温が上がり始めた日に、排卵が起こっている
場合もあるのです。

こういった状況の中では、生理予定日も遅れる可能性が高くなるります。
予想されている生理開始予定日からは遅れてしまうわけです。

基礎体温自体は、生理が始まるまでは高温期が続きますので、
考えられる状況として、ただ単に生理が遅れている事も考えられます。

実際には排卵日から21日以上、もしくは生理開始予定日から1週間
過ぎてもまだ、生理が来ないような場合は、妊娠検査薬を試してみる
事も出来ます。

この検査で、不安な場合や、妊娠の兆候がなくても検査薬で陽性反応が
出るようであれば、婦人科へ行って確認をしてもらうと良いでしょう。

排卵日とおりもの

排卵日とおりものの関係について、気にされている方々も少なくありません。
それはご自身の目で、おりものの状況をみてある程度の判断が出来ることから
手軽であると思われているのかもしれませんね。

排卵日は確かに、おりものと呼ばれる子宮頚管粘液の状態をチェックすることから推し量ることも出来るとされています。

しかしながら結論から言えば、やや不正確で、あくまで補助的診断法と
いわざるを得ません。

根拠は十分ありますが、他の要素もあり、やや不正確な側面もあるという
ことです。

排卵が近づくと通常、卵胞ホルモンが増加し、子宮頚管からの分泌物が
増えます。

病院で子宮頚管粘液をとり、量とおりものの状態から判断します。
自分でも透明な粘っこいおりものが増えるのが分かると思います。

その状況であれば排卵が近い証拠ですが、出始めてから3日目くらいが
一番排卵する率が高いとされていますので、その時期に他の方法とあわせて
判断すればより確実性があがるでしょう。

基礎体温を測ることも有効な手段ですが、いずれ複数の方法を組み合わせて
排卵日を計算する、排卵日を知ることが有効です。

排卵日のサインをチェック

一般に精子には約3日間、受精能力があるとされています。

また排卵日の3日前から、1日後の5日間が最も妊娠しやすい
時期になります。

排卵日は、基礎体温の体温がいちばん下がった日か、
またはその翌日となることが多くあります。

排卵は、実際の統計で、最低体温日翌日に最も多く、次いで当日、
翌々日の順で排卵日になります。


おりものが粘りけを帯びてくるのは、妊娠しやすい時期が近づいて
きた証拠です。

この時をチェックすることで、排卵日を予測することが可能になってきます。
粘液を指にとってそれを人さし指と親指の2本の指で伸ばしてみてチェックします

通常、この粘液は粘って伸びることはありませんが、粘液が伸びる状態に
なったら排卵がまもなく起きるか、あるいは排卵されたという状況を示す
サインだと思われます。

検査薬で妊娠しやすい時期をチェックする

排卵日が近づいてくると、脳下垂体から分泌される黄体化ホルモン(LH)
の尿中濃度を検査薬ではかる方法が有効になります。

一般には、LH濃度の一番高い時から約24時間後に排卵されると
されていますので、以前のデータから排卵日と思われるころの少し手前から
1日2回ほど、そのピークを検査薬でチェックします。

排卵痛と検査薬

排卵日を知る為には排卵日の計算など、いくつかの方法があり
また二つ以上の方法を組み合わせることによって、排卵日の特定に
より確実性をあげていく方法があります。

排卵痛の傷みを感じる女性もいます。
毎月、排卵痛の痛みに耐える女性にはお気の毒ですが、ここからも
排卵日を知る手がかりを得ることは出来ます。

それは卵子が排卵されるときに、卵胞が破けて卵巣の表面が破ける事に
によって、感じる痛みです。
この痛みを排卵痛と呼んでいます。

排卵痛の痛みには個人差我あり、気づかない場合もあります。
この排卵時に伴う痛みから排卵日を特定できるかも知れません。

また、排卵日検査薬で排卵日を知る方法もあります。 
尿に含まれるLHホルモンという、排卵を促進するために分泌されるもの
の濃度を測ることによって排卵日を知る方法です。

生理周期の中間あたりでは、LHホルモン分泌の濃度が、より高くなって
LHホルモンが大量に分泌されます。

排卵日は、LHホルモンがもっともに分泌されて、またその濃度が
もっとも高くなったときから、約1日以内になります。

検査薬でテストすることにより、LHホルモン濃度がもっとも高くなる地点を
測り、そこから排卵日を知ろうという方法です。

しかし、検査薬だけで排卵日を知ろうとする方法は確実とはいえません。、
従って他の方法と併用することによって、排卵日をより確実に知ること
ができます。

排卵日を知る方法は

一般的に卵子は排卵後12〜24時間まで受精可能とされています。
精子は女性の体内で射精後3日ほど生存できます。

精子は卵子がまだ卵管にあるときに卵子と受精することになります。
準備が整っていてうまくいくと、1つの精子が卵子の膜を貫通して
結合することができます。

精子と卵子が結合して受精すると、妊娠が始まります。

このようにして妊娠にいたる為に排卵日を知ることが必要になるのですが
より正確な情報を得るために、単独ではなく、様々な方法を組み合わせ
るのが良いとされています。

例えば、基礎体温を測ることや排卵診断薬であれば、自分で計測する
ことが出来ます。

まずは毎朝基礎体温を測り、自分の周期を知り、ある程度排卵日の検討が
つくようであれば、より確実性を得るために排卵日検査薬を使用するという
のが一般的なようです。

人によっては他の方法があっている場合もあるでしょう。
自身でチェックできる方法として、おりものを観察する方法も有効です。

このようにいくつかの方法を組み合わせるとより確実に排卵日を知る
ことができると思います。

妊娠しやすいとき そうでないとき

一番妊娠しやすいのは排卵の頃になる、低温期の最後の日前後です。

この低温期最後の日の頃に透明で粘っこいおりものが増えてきて、
指で10cm以上延びるような場合は、排卵が近いと思って良いと思います。

その時に、市販の排卵検査薬を併用して使うとなお正確になります。

排卵したあと卵は、およそ12〜24時間くらいの期間受精能力がありますが
一般的に精子の方は、射精後3日ほどだと言われています。



通常、受精は排卵直後に起こりますので、卵が卵管内に進入してきた時に、
精子はその場所ですでに受精の準備ができているということになります。

ですから妊娠するためには、精子は少なくとも排卵の1日前には膣内に
出されていなければならないのです。

結果的に、排卵日がある程度推測されるのでとして、その日の1日前に
性行為がなければ妊娠しがたいということです。

排卵後24時間以上経ってしまえば、ほとんど妊娠の可能性はなくなります。
排卵日を過ぎてしまえばほとんど妊娠の可能性はなくなるとも言えるわけです。

逆に生理のあと、排卵まではいつでも妊娠できる可能性があります。

基礎体温をつけている方であれば、高温期に入ってしまえばまず妊娠しない
ということですが、何事もいくつかの方法を併用して、確実性を増すことが
大事です。

おりものでチェックする

一般に、排卵が近づくと卵胞ホルモンが増加します。
さらに子宮頚管からの分泌物が増え性状も変わってきます。

病院で受診して子宮頚管粘液をとり、量や性状などから排卵日を
判断してもらいます。


自分でも透明な粘っこいおりものが増えるのを感じる場合もあります。
そのような場合、おりものが出始めて、3日目くらいが一番排卵する率が
高いとされています。

しかし、確かに排卵が近い証拠ではありますが、やや不正確ですので
あくまで判断の補助的要素として考えるのが妥当です。


オギノ理論とは

オギノ理論とは、荻野久作氏の排卵は次の月経の始まる16日前から
12日前に起こるという理論です。

計算方法は、最近半年くらいの月経周期を数えます。

まず、一番短い周期の日数から16日を引きます。
例えば、25日から16日を引き9日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番早い日で
月経から9日目です。

次に、一番長い周期の日数から12日を引きます。
例えば、30日から12日を引き18日になります。
それが月経開始日から排卵が始まる可能性のある一番遅い日で
月経から18日目です。

以上の計算から、月経周期が25日から30日の場合は
月経開始から9日目から18日目の10日間に排卵する可能性がある
ことになります。

そのため、月経周期に幅がある女性ほど排卵日に幅があります。
ゴールドカード var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));